芸能人・経営者のおくやみ情報

マリア・テレーザ・デ・フィリッピス 氏Maria Teresa de Filippis

レーシングドライバー[イタリア]

(女性初のF1ドライバー)

2016年 1月8日 死去享年91歳

マリア・テレーザ・デ・フィリッピス(Maria Teresa de Filippis, 1926年11月11日 - 2016年1月8日)は、イタリア出身の元F1ドライバー。
F1史上初の女性ドライバーとして、記録に名を残している。
兄弟と自動車で競い、勝った経験からレースに興味を持ち、足を踏み入れる。
スポーツカーレースで活躍し、1955年よりマセラティの公式ドライバーとなる。
1958年、ノンタイトル戦であるF1シラクーザGP参戦し、5位でフィニッシュ。
その後、自身が所有していたマセラティで第2戦モナコGPに出走し、初めてF1にエントリーした女性ドライバーとなった。
この際は予選落ちとなったが、第5戦ベルギーGPにも参戦すると、予選を19位で通過しF1デビュー。
決勝でも、10位完走を果たしている。
その後、第9戦ポルトガルGP・第10戦イタリアGPにも参戦し、共に予選を通過(決勝はどちらもリタイヤ)。
翌1959年開幕戦モナコGPでは、ポルシェのF2マシンで参戦したが予選不通過となり、同年をもってレースから引退した。