芸能人・経営者のおくやみ情報

三國一朗 氏(みくにいちろう)

タレントエッセイスト[日本]

2000年 9月15日 死去享年80歳

三國(三国) 一朗(みくに いちろう、1921年1月12日 - 2000年9月15日)は、日本の放送タレント、エッセイストである。
来歴・人物 愛知県名古屋市出身。
第八高等学校を経て東京帝国大学文学部社会学科を繰り上げ卒業して従軍。
戦後、劇作家・久板栄二郎の下で修業した後、雑誌編集者を経てアサヒビール社員となる。
1952年に、志摩夕起夫らと行った、深夜放送「イングリッシュ・アワー」(ラジオ東京)での仕事は「日本で最初のラジオ・パーソナリティ」である。
1953年に日本テレビ放送網で放送を開始したアサヒビール一社提供番組「ほろにがショー 何でもやりまショー」の初代司会者として出演し、以後放送タレントとして各種番組に出演。
1956年にアサヒビールを退社した後はタレントを専業とした。
近代日本史への造詣が深く、東京12チャンネルの「私の昭和史」(1964年~1974年、放送批評懇談会の期間選奨を受賞)の司会や、二・二六事件を扱ったNHK特集のレポーターを務めている。

「三國一朗」と関連する人物(故人)