訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

セルゲイ・コロリョフ 氏Sergei Pavlovich Korolev

ロケット技術者[ソ連]
1966年 1月14日 死去享年60歳
セルゲイ・コロリョフ - ウィキペディアより引用
セルゲイ・パーヴロヴィチ・コロリョフ(ロシア語: Сергей Павлович Королёв;1907年1月12日 [o.s.1906年12月30日] – 1966年1月14日)は、ソビエト連邦の最初期のロケット開発指導者。
第一設計局 (OKB-1) の主任設計者として世界初の大陸間弾道ミサイル (ICBM) であるR-7を開発した。
R-7はペイロードを核弾頭から宇宙船に替えて宇宙開発にも使用され、1957年に世界最初の人工衛星スプートニク1号を打ち上げ、1961年には世界初の有人宇宙飛行としてユーリイ・ガガーリンを宇宙に運んだ。
アメリカのヴェルナー・フォン・ブラウンと並ぶ米ソ宇宙開発競争の双璧を成した人物である。
エンジニアとなるまで コロリョフは当時ロシア帝国領だった(現在はウクライナ領の)ジトーミルにロシア人の父とウクライナ人の母の間で生まれ、若い頃はオデッサで、その後はキエフで学び、1920年代前半にはキエフの航空研究会に所属してグライダーを設計した。

↑ PAGE TOP