芸能人・経営者のおくやみ情報

勧修寺晴豊(かじゅうじはるとよ)

公家、慶長7年12月8日薨去[日本]

1603年 1月19日 死去享年60歳

勧修寺 晴豊(かじゅうじ はるとよ・はれとよ、天文13年2月24日(1544年3月17日) - 慶長7年12月8日(1603年1月19日))は、安土桃山時代の公家(公卿)。
姓は「かんじゅじ」とも。
堂上家の勧修寺家(名家、藤原北家高藤流甘露寺支流)の14代当主。
牌所である近江・高島の幡岳寺の戒名は「清雲院殿義同三司孤月西円大居士」 13代当主・権大納言 勧修寺晴秀(晴右)の子。
父と同じく室町幕府第12代将軍・足利義晴からの偏諱を受ける。
母は、粟屋元子(右京亮・粟屋元隆の女子)。
子に勧修寺光豊・甘露寺経遠・伊達行源・坊城俊昌・阿部致康・鳳林承章・佐久間安政室が、また兄弟姉妹には万里小路充房(万里小路輔房の養子)・日蓮宗立本寺住持の日袖・正親町三条公仲室、そして誠仁親王妃で後陽成天皇国母となった勧修寺晴子(新上東門院)などがいる。

  • 題名
    晴豊記
    著者
    勧修寺晴豊
    発売元
    富山房
    発売日
    1899
    新品価格
    より
    中古商品
    より