芸能人・経営者のおくやみ情報

東田正義 氏(ひがしだまさよし)

プロ野球選手[日本]

2016年 1月2日 死去享年72歳

東田 正義(ひがしだ まさよし、1945年8月1日 - 2016年1月2日)は奈良県出身の元プロ野球選手。
来歴・人物 御所工では1963年、春の選抜に出場。
準々決勝に進むが、池永正明を擁する下関商に敗退。
高校同期に元田昌義がいる。
卒業後は三重交通に勤務し、1967年の都市対抗では西濃運輸に補強されて出場、本塁打や適時打を放ち活躍した。
同年のドラフト2位で西鉄ライオンズに入団。
1年目から59試合に出場し、8本塁打を記録した。
翌1969年から外野手のレギュラーになり、17本塁打を記録した。
その後、1973年まで外野手のレギュラーを守った。
特に、1971年は23本塁打を含む自己最高の成績を挙げ、弱体化するライオンズの中で、中西太や豊田泰光を中心とした野武士野球の後継者として期待された。
特に竹之内雅史との3、4番は「トンタケコンビ」と呼ばれファンに親しまれた。
1974年オフに、白仁天とのトレードで、日本ハムファイターズへ移籍。
翌1975年には打ち合いを目的として指名打者制度がパ・リーグに導入されたが、3月8日に長崎県佐世保市で行われた古巣・太平洋とのオープン戦で日本プロ野球史上初の指名打者を江藤愼一とともに務め、四番打者で2打数2安打1打点の結果を残した。

70年代のプロ野球選手。 右投右打、ポジションは外野手。背番号は22→29→2番。 1954年8月1日生まれ。奈良県出身。 御所工業高校から三重交通を経て1968年、ドラフト2位で西鉄ライオンズに入団。 2年目の1969年より一軍に定着、外野手の定位置を掴む。 同期入団の竹之内雅史とのコンビで鳴らした。 1971年、23本塁打を記録し、クリーンアップを打つ。 1975年、白仁天との交換トレードで日本ハム・ファイターズに移籍。指名打者として出場。 1976年、村上雅則・後藤和昭?との2対1の交換トレードで阪神タイガースに移籍。 1977年、現役引退。 現在は奈良県の少年野球、橿原コンドルの監督として指導に力を入れている。 関本健太郎や庄田隆弘を指導した。 (引用元 Hatena Keyword)

「東田正義」と関連する人物(故人)