芸能人・経営者のおくやみ情報

セク・トゥーレ 氏Ahmed Sékou Touré

政治家、初代大統領、独裁者[ギニア]

1984年 3月26日 死去心臓疾患享年63歳

セク・トゥーレ - ウィキペディアより引用
セク・トゥーレ(Ahmed Sékou Touré、1922年1月9日 - 1984年3月26日)は、フランスから独立したギニア共和国の初代大統領(1958年 - 1984年)。
植民地支配に抵抗した国民的英雄サモリ・トゥーレの曽孫。
生涯 ファラナのマリンケ族に生まれ、郵便労働者として労働組合を基盤に政治に進出し1952年にギニア民主党(PDG)の書記長に就任。
1953年にゼネストを指導して影響力を拡大し1956年にフランス国民議会議員に選出された。
1958年のフランス第五共和政憲法のもとの住民投票で、他の植民地がフランス共同体内の自治共和国となった中で、唯一完全独立を選んだ。
このときトゥーレは、「隷属の下での豊かさよりも、自由のもとでの貧困を選ぶ」と言ったといわれる。
しかし、フランスはギニアの完全独立を認めるのと引き換えに一切の援助を打ち切り、それまで植民地行政官として働いていた白人たちも一切合切をフランス本国に持ち帰った(書類どころか事務机まで持ち去ったという)。