訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

フリッツ・ラング 氏Friedrich Christian Anton "Fritz" Lang

映画監督[オーストリア→西ドイツ]

1976年 8月2日 死去享年87歳

フリッツ・ラング - ウィキペディアより引用
フリードリヒ・クリスティアン・アントーン・"フリッツ"・ラング(Friedrich Christian Anton "Fritz" Lang, 1890年12月5日 - 1976年8月2日 )は、オーストリア出身の映画監督。
父母ともにカトリックだが、母(旧姓シュレージンガー)はユダヤ教からの改宗者だった。
第一次大戦後、映画脚本家として映画会社に売り込みをかけていた。
そこをドイツの大手映画会社ウーファのプロデューサーであるエリッヒ・ポマーの目にとまり、映画界入り。
当時売れっ子監督だったヨーエ・マイの助監督を経た後、『Halbblut』(1919年)で監督デビュー。
1920年のカリガリ博士はラングが監督するはずだったが、脚本の改稿だけすることになる。
以後、大長編の犯罪映画『ドクトル・マブゼ』(1922年)、SF映画の古典的大作『メトロポリス』(1927年)、トーキー初期のサスペンス映画『M』(1931年)など、脚本家である夫人テア・フォン・ハルボウとのコンビで、サイレントからトーキー初期のドイツ映画を代表する傑作を手がけた。

「フリッツ・ラング」と関連する人物(故人)