芸能人・経営者のおくやみ情報

フリッツ・ラング 氏Friedrich Christian Anton "Fritz" Lang

映画監督[オーストリア→西ドイツ]

1976年 8月2日 死去享年87歳

フリッツ・ラング - ウィキペディアより引用

フリードリヒ・クリスティアン・アントーン・"フリッツ"・ラング(Friedrich Christian Anton "Fritz" Lang, 1890年12月5日 - 1976年8月2日 )は、オーストリア出身の映画監督。
父母ともにカトリックだが、母(旧姓シュレージンガー)はユダヤ教からの改宗者だった。
第一次大戦後、映画脚本家として映画会社に売り込みをかけていた。
そこをドイツの大手映画会社ウーファのプロデューサーであるエリッヒ・ポマーの目にとまり、映画界入り。
当時売れっ子監督だったヨーエ・マイの助監督を経た後、『Halbblut』(1919年)で監督デビュー。
1920年のカリガリ博士はラングが監督するはずだったが、脚本の改稿だけすることになる。
以後、大長編の犯罪映画『ドクトル・マブゼ』(1922年)、SF映画の古典的大作『メトロポリス』(1927年)、トーキー初期のサスペンス映画『M』(1931年)など、脚本家である夫人テア・フォン・ハルボウとのコンビで、サイレントからトーキー初期のドイツ映画を代表する傑作を手がけた。

 Fritz Lang  主にドイツ、アメリカで活動した映画監督。  1890年12月5日、ウィーン生まれ。本名フリードリヒ・アントン・クリスティアン・ラング。父アントン・ラングは建築士。  1909年、ウィーン工科大学に進学するが進路を変え、ウィーンを離れ、各地の画廊や美術館を見て回る。  1911年から1912年にかけて世界各地を旅行。1913年、パリに住み、生活のため風刺画や絵葉書の絵を描く。  第一次大戦が始まると敵性外国人となったためウィーンに戻り、オーストリア=ハンガリー帝国軍の志願兵として兵役につく。その間、映画の脚本を書き始め、いくつかは製作者・監督ジョー・マイにより映画化される。  1919年、脚本審査者として、ベルリンに移住。何本もの脚本が映画化され、自身も監督作『混血』Halbbut(1919)、『蜘蛛』2部作(1919-20)、『ハラキリ』(1919)をデクラ社で撮る。  デクラ社は1920年、ビオスコープ社と合併、さらに1921年、『死滅の谷』公開後、デクラ=ビオスコープ社はドイツ最大の映画会社ウーファの一部門となり、エーリヒ・ポマーが製作主任となる。  最初の夫人リザ・ローゼンタール(おそらく偽名)の自殺後、1922年、脚本家テア・フォン・ハルブー?(1888−1954)と結婚。  以後、『ドクトル・マブゼ』2部作(1922)、『ニーベルンゲン』2部作(1924)といった大作を監督。  1925年から26年にかけ、SF超大作『メトロポリス』(1927)を製作。  自身のプロダクションでスパイ映画『スピオーネ』(1928)を製作・監督。  トーキー初期、ネロ・フィルムで、連続猟奇殺人犯を扱った『M』(1931)、 …… (引用元 Hatena Keyword)

「フリッツ・ラング」と関連する人物(故人)