芸能人・経営者のおくやみ情報

佐々木つとむ 氏(ささきつとむ)

コメディアン、ものまね芸人[日本]

1987年 9月4日 死去刺殺享年41歳

佐々木 つとむ(ささき つとむ、1947年7月23日 - 1987年9月4日)は、昭和後期に活躍したものまねタレント。
本名:佐々木 宏幸(ささき ひろゆき)。
はたけんじ、団しん也、堺すすむと共に"元祖ものまね四天王"と呼ばれていた。
ものまねタレント神奈月の師匠。
来歴・人物 兵庫県神戸市の生まれ。
高校時代から素人で演芸番組に出演、高校中退後の17歳で浅草松竹演芸場の司会に抜擢される。
渥美清、高倉健、森進一、田中角栄などの物真似で人気を博した。
昭和50年代のものまね芸人ではトップクラスの存在で、ものまね芸では田中角栄、大平正芳、三木武夫、春日一幸の4人の声を使い分けた"ロッキード麻雀"のネタや、ネタ落ちで出す渥美清のマネ「それを言っちゃ~オシマイよ」のフレーズが有名だった。
その実績から、1974年と1977年に放送演芸大賞部門賞を受賞した。
歌やものまね芸を収録したレコードも複数発表している。
私生活では大変なギャンブル依存としても知られていた。
ギャラはその日のうちに全てを賭け事に費やしてしまうこともしばしばで、多額の借金を抱えていたという。

「佐々木つとむ」と関連する人物(故人)