訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

グレゴリウス13世Gregorius XIII

ローマ教皇、グレゴリオ暦を採用[イタリア]

1585年 4月10日 死去享年84歳

グレゴリウス13世 - ウィキペディアより引用
『グレゴリウス13世 (ローマ教皇)』より : グレゴリウス13世(Gregorius XIII,1502年1月7日 - 1585年4月10日)は、第226代ローマ教皇(在位:1572年 - 1585年)。
本名はウーゴ・ブオンコンパーニ(Ugo Buoncompagni)。
学問を好み、奨励したことで知られ、その治世にずれが累積していたユリウス暦を廃し、グレゴリオ暦とよばれる新暦を採用したことでも有名。
教皇登位まで ウーゴはボローニャ生まれ。
地元の名門ボローニャ大学で法学を修め、1530年に学位を得た。
その後、同大学で法学の教官として教壇に立っていた。
生徒の中にはカルロ・ボッロメーオやアレッサンドロ・ファルネーゼなどがいた。
36歳にして教皇パウルス3世によってローマへ招かれ、教会法関係の業務についた。
枢機卿にあげられたのは教皇ピウス4世の時代であり、トリエント公会議にも参加している。
治世 教会改革とグレゴリウス暦の採用 1572年5月、教皇ピウス5世の死去を受けておこなわれたコンクラーヴェにおいてボンコンパーニ枢機卿が新教皇に選ばれ、グレゴリウス13世を名乗った。

↑ PAGE TOP