訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

村井秀夫 氏(むらいひでお)

オウム真理教幹部[日本]

1995年 4月24日 死去刺殺享年36歳

村井 秀夫(むらい ひでお、1958年12月5日 - 1995年4月24日)は、オウム真理教幹部。
大阪府出身。
ホーリーネームはマンジュシュリー・ミトラ、ステージは正大師。
省庁制が採用された後は科学技術省大臣だった。
教団では麻原に次ぐナンバー2、科学技術部門最高幹部と見られていた。
子供の頃はSF少年であり、また望遠鏡で星を観察するのが趣味という親から見て全く手の掛からない子供であった。
大阪府立千里高等学校を経て、大阪大学理学部物理学科卒業、大阪大学大学院理学研究科修士課程修了、理学修士。
神戸製鋼に入社し金属加工の研究に携わる。
1986年5月オウム神仙の会に入信する。
入信理由は「かもめのジョナサン」の心境になったから。
1985年4月に職場結婚した妻と1987年6月、夫婦で出家するが、1990年、ステージの違いを理由に協議離婚した。
出家後 教祖麻原彰晃の最側近。
1988年11月に大師、1990年8月に正悟師、1994年8月に正大師となり、教団の最高幹部の地位に上り詰めた。

「村井秀夫」と関連する人物(故人)