芸能人・経営者のおくやみ情報

ヤーコプ・グリムJacob Ludwig Carl Grimm

言語学者法学者[ドイツ]

1863年 9月20日 死去享年79歳

ヤーコプ・グリム - ウィキペディアより引用
ヤーコプ・ルートヴィヒ・カール・グリム (独: Jacob Ludwig Carl/Karl Grimm, 1785年1月4日 - 1863年9月20日) は、ドイツの言語学者で文学者及び法学者。
また、ドイツの文献学及び古代史研究の礎をも築いたといわれる。
その生涯と業績は弟のヴィルヘルム・グリムのそれと密接に絡み合っており、その部分についてはグリム兄弟の項を参照。
生涯 ヤーコプ・グリムは、その子ども時代をシュタイナウで過ごした。
彼の父が官吏としてその地に赴任したためである。
彼は1798年弟ヴィルヘルムと共にカッセルのリツェウムに入学した。
1802年彼はマールブルク大学に入学、そこでフリードリヒ・フォン・サヴィニーの元で法学を学んだ。
彼の法制史の研究とヴァッハラーの講義により、彼はドイツ語とその文学の歴史的な発展に注意を向けるようになる。
サヴィニーが、1804年中世におけるローマ法の研究のためにパリに赴いた時、サヴィニーは、あとからグリムをかの地に呼び寄せる。

「ヤーコプ・グリム」と関連する人物(故人)