訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ルドルフ・クラウジウスRudolf Julius Emmanuel Clausius

物理学者[ドイツ]

1888年 8月24日 死去享年67歳

ルドルフ・クラウジウス - ウィキペディアより引用
ルドルフ・ユリウス・エマヌエル・クラウジウス(Rudolf Julius Emmanuel Clausius, 1822年1月2日 - 1888年8月24日)は、ドイツの物理学者。
熱力学第一法則・第二法則の定式化、エントロピーの概念の導入など、熱力学の重要な基礎を築いた。
生涯 1822年、プロイセン王国領ポンメルンのケスリーン(現ポーランド領コシャリン)にて誕生。
父は牧師であり、また、小学校の校長でもあったため、クラウジウスはその学校で初等教育を受けた。
その後はシュテッティン(現ポーランド領シチェチン)のギムナジウムで学んだ。
1840年ベルリン大学に入学。
当時のベルリン大の講師としては、物理学者のゲオルク・オーム、数学者のペーター・グスタフ・ディリクレ、ヤコブ・シュタイナー、そして歴史学のレオポルト・フォン・ランケがいた。
クラウジウスはランケの影響からか歴史学にも興味を持ったが、最終的に選んだのは物理学だった。
経済上の理由から在学中に教員免許を取り、1850年までベルリンのフリードリヒ・ヴェルダー・ギムナジウムで物理を教えた。
題名
エントロピーの起源としての力学的熱理論―クラウジウス熱理論論文集
著者
ルドルフ・クラウジウス
発売元
東海大学出版会
発売日
2013-09-01
新品価格
¥ 4,320 より
中古商品
¥ 7,263 より
題名
ミドルワールド 動き続ける物質と生命の起原
著者
マーク・ホウ
発売元
紀伊國屋書店
発売日
2009-12-03
新品価格
¥ 13,465 より
中古商品
¥ 1,970 より

↑ PAGE TOP