訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

チャールズ・コーンウォリスCharles Cornwallis

軍人[イギリス]

1805年 10月5日 死去熱病享年68歳

チャールズ・コーンウォリス - ウィキペディアより引用
チャールズ・コーンウォリス(Charles Cornwallis, 1st Marquess Cornwallis,1738年12月31日 - 1805年10月5日)は、イギリス軍の将軍であり、植民地の知事を務めた。
アメリカ独立戦争の時の1781年、ヨークタウンの戦いでアメリカ-フランス連合軍に、彼の指揮するイギリス軍が敗れたのが事実上の終戦と考えられている。
インドでは総督を2期務め、永世植民地を定めたことでも知られる。

コーンウォリスはチャールズ・コーンウォリス男爵(後に伯爵)の長男としてロンドンのグロブナーで生まれた。

コーンウォリスは財産にも血縁関係にも恵まれていた。
コーンウォリス家は14世紀にサフォークのアイの近くブロームホールに基盤を置き、以後300年間に一族を郡の代議士として国会に送っている。
1627年にフレデリック・コーンウォリスが準男爵となり、チャールズ1世 (イングランド王) チャールズ1世のために戦い、チャールズ2世 (イングランド王) チャールズ2世は追放に追いやっている。
フレデリックはさらに1661年に男爵となり、その子孫は婚姻によって重要性を増した。

↑ PAGE TOP