訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

チャールズ・グッドイヤーCharles Goodyear

発明家[アメリカ]

1860年 7月1日 死去享年61歳

チャールズ・グッドイヤー - ウィキペディアより引用
チャールズ・グッドイヤー(Charles Goodyear, 1800年12月29日 - 1860年7月1日)は、アメリカ合衆国の発明家。
ゴムの加硫法を発明した。
タイヤメーカーのグッドイヤー社は彼にちなんで命名されているが、グッドイヤー本人や一族と、法的・資本的な関係はない。
[1] 生い立ち チャールズ・グッドイヤーは1800年12月29日、コネチカット州ニューヘイブンで、農民のアマサ・グッドイヤーの6人兄弟の長男として生まれた。
父の農場はニューヘブンの地峡部、現在オイスター・ポイントとして知られる場所にあり、一族の先祖は1638年にニューヘブン入植地を創設した一人であったという。
チャールズはそこで幼少時を過ごしたが、アマサは象牙のボタン製造に関心を持ち、また製粉所を建設するのに適した場所を求め、一家は川があって水車を使えるコネチカット州ノーガタックに引っ越した。
父は製粉業に加え農場も経営し、チャールズ少年は家業の手伝いで大忙しだった。
1816年、16才のチャールズは機械学を学ぶためフィラデルフィアに行った。
題名
RED WING(レッド・ウイング) (ワールド・ムック1012)
著者
発売元
ワールドフォトプレス
発売日
2013-09-30
新品価格
より
中古商品
¥ 177 より

↑ PAGE TOP