芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョン・フォン・ノイマン 氏John von Neumann

数学者[ハンガリー→アメリカ]

1957年 2月8日 死去享年55歳

ジョン・フォン・ノイマン(ハンガリー名:Neumann János(ナイマン・ヤーノシュ、[ˈnɒjmɒnˌjɑ̈ːnoʃ])、ドイツ名:ヨハネス・ルートヴィヒ・フォン・ノイマン、John von Neumann, Margittai Neumann János Lajos, Johannes Ludwig von Neumann, 1903年12月28日 - 1957年2月8日)はハンガリー出身のアメリカ合衆国の数学者。
20世紀科学史における最重要人物の一人。
数学・物理学・工学・計算機科学・経済学・気象学・心理学・政治学に影響を与えた。
第二次世界大戦中の原子爆弾開発や、その後の核政策への関与でも知られる。
最初に結婚したマリエット・ケヴェシの娘マリーナ・フォン・ノイマン・ホイットマンは、1973年からピッツバーグ大学経済学部教授だった。
1979年にゼネラルモーターズ社に入り、1985年から1992年まで副社長を務めた。
1903年: ブダペストにて3人兄弟の長男として生まれた。
名はヤーノシュ。
愛称はヤーンチ。
父は銀行の弁護士ノイマン・ミクシャ(英語名:マックス・ノイマン)、母はカン・マルギット(英語名:マーガレット・カン)で、ともにハンガリーに移住したユダヤ系ドイツ人だった。

John von Neumann (1903年〜1957年) もの凄く頭がよかった科学者。ないしは、人間のフリした悪魔。業績多数。多くの先端分野に首を突っ込んでは、未整備の理論体系をきれいに再構築するのが得意だった。 (引用元 Hatena Keyword)