訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

シュリニヴァーサ・ラマヌジャンSrinivasa Aiyangar Ramanujan

数学者[インド]

1920年 4月26日 死去享年34歳

シュリニヴァーサ・ラマヌジャン - ウィキペディアより引用
シュリニヴァーサ・アイヤンガー・ラマヌジャン(Srinivasa Aiyangar Ramanujan、1887年12月22日 - 1920年4月26日)はインドの数学者。
極めて直感的、天才的な閃きにより「インドの魔術師」の異名を取った。
生涯 1887年、南インドのタミル・ナードゥ州タンジャーヴール県クンバコナムの極貧のバラモン階級の家庭に生まれた。
幼少の頃より母親から徹底したヒンドゥー教の宗教教育を受けた(このことはのちに渡英するラマヌジャンの運命に小さからぬ影響を与えることになる)。
学業は幼い頃から非常に優秀で、数学にも強い関心を寄せていた。
15歳のときにジョージ・カー (George Shoobridge Carr) という数学教師が著した『純粋数学要覧』という受験用の数学公式集に出会ったことが彼の方向性を決めた。
奨学金を得てマドラスのパッチャイヤッパル大学に入学したが、数学に没頭するあまり他の科目の授業に出席しなくなり、1906年12月にファインアートの科目の学位認定試験に落第し、次の年度にも再び落第したため、奨学金を打ち切られて学位を得ないまま中途退学に追い込まれた。

「シュリニヴァーサ・ラマヌジャン」と関連する人物(故人)