芸能人・経営者のおくやみ情報

フェリペ5世Felipe V

スペイン国王[スペイン]

1746年 7月9日 死去享年64歳

フェリペ5世 - ウィキペディアより引用

『フェリペ5世 (スペイン王)』より : フェリペ5世(Felipe V, 1683年12月19日 - 1746年7月9日)は、スペイン・ボルボン(ブルボン)朝最初の国王(在位:1700年 - 1724年、1724年 - 1746年)で、フランス国王ルイ14世とスペイン・ハプスブルク家(アブスブルゴ家)出身の王妃マリー・テレーズの長男ルイ(グラン・ドーファン)の次男。
母はバイエルン選帝侯フェルディナント・マリアの娘マリー・アンヌ・ド・バヴィエール。
数次の中断を挟みながら、ボルボン朝は現国王フェリペ6世まで続いている。
生涯 アンジュー公時代 フェリペ5世はヴェルサイユ宮殿でフランス王子フィリップ(Philippe)として生まれ、アンジュー公位を授けられた。
兄にブルゴーニュ公ルイ(ルイ15世の父、プチ・ドーファンと呼ばれる)が、弟にベリー公シャルルがいる。
また、神聖ローマ皇帝兼バイエルン選帝侯カール7世・ケルン選帝侯クレメンス・アウグスト兄弟は母方の従弟に当たる。
アブスブルゴ朝最後の王となったカルロス2世には子供がなく、王位継承者が問題となっていた。

フェリペごせいFelipeV [生]1683.12.19.ベルサイユ[没]1746.7.9.マドリードスペイン王(在位1700~24,24~46)。フランス王ルイ14世の孫でスペインのブルボン王家の開祖。フランスに生れアンジュー公フィリップとして育ったが,ハプスブルク家最後のスペイン王カルロス2世に王位を遺贈され,これによりスペイン継承戦争(01~14)が起った。しかし王妃サボイアのマリア・ルイザの援助でスペインの人心を掌握。ユトレヒト条約により,ネーデルラント,イタリア領などを失ったが,王位を確保した。またフランスの王位も継承しようとして女王を認めない『サリカ法典』を採用(13),のちのカルリスタ戦争の原因をつくった。マリア・ルイザの死後再婚したパルマのイサベル・ファルネセの影響で,ナポリ,シチリア,パルマなどを奪還。フランスにならって税制改革,商工業の振興,宮殿の増改築,科学アカデミー創立などを行なった。1724年に息子のルイス1世に譲位したが,新王は数ヵ月後に没し,再び王位についた。30年代以降狂気に悩まされ,国政はほとんど王妃により進められた。 (引用元 コトバンク)