訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

フェリペ5世Felipe V

スペイン国王[スペイン]

1746年 7月9日 死去享年64歳

フェリペ5世 - ウィキペディアより引用
『フェリペ5世 (スペイン王)』より : フェリペ5世(Felipe V, 1683年12月19日 - 1746年7月9日)は、スペイン・ボルボン(ブルボン)朝最初の国王(在位:1700年 - 1724年、1724年 - 1746年)で、フランス国王ルイ14世とスペイン・ハプスブルク家(アブスブルゴ家)出身の王妃マリー・テレーズの長男ルイ(グラン・ドーファン)の次男。
母はバイエルン選帝侯フェルディナント・マリアの娘マリー・アンヌ・ド・バヴィエール。
数次の中断を挟みながら、ボルボン朝は現国王フェリペ6世まで続いている。
生涯 アンジュー公時代 フェリペ5世はヴェルサイユ宮殿でフランス王子フィリップ(Philippe)として生まれ、アンジュー公位を授けられた。
兄にブルゴーニュ公ルイ(ルイ15世の父、プチ・ドーファンと呼ばれる)が、弟にベリー公シャルルがいる。
また、神聖ローマ皇帝兼バイエルン選帝侯カール7世・ケルン選帝侯クレメンス・アウグスト兄弟は母方の従弟に当たる。
アブスブルゴ朝最後の王となったカルロス2世には子供がなく、王位継承者が問題となっていた。

↑ PAGE TOP