訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

エリク14世Erik XIV

スウェーデン国王[スウェーデン]

(ユリウス暦) 1577年 2月26日 死去毒殺享年45歳

エリク14世 - ウィキペディアより引用
『エリク14世 (スウェーデン王)』より : エリク14世(Erik XIV, 1533年12月13日 - 1577年2月26日)はスウェーデン・ヴァーサ王朝の第2代国王(在位:1560年 - 1568年)。
グスタフ1世と王妃カタリーナの子。
スウェーデン=フィンランドの君主であるが、フィンランドの統治者は弟のフィンランド公ヨハン(後のヨハン3世)であった。
1558年に始まったリヴォニア戦争に参戦し、1561年にエストニアを解放する。
彼は政治的野心と同様に、知性と芸術性を有していた。
しかし、彼は治世の初期から精神的不安定の兆しを示し、それはやがて狂気へと進行した。
エリクの外交政策のほとんどは、スウェーデンを大国にするための尽力が基本であった。
独立国家を統治したことで満足した父王と違い、エリクはバルト海地域とエストニアでの影響力の拡大に挑戦しようとした。
この拡大によって、従弟でデンマーク王のフレデリク2世と衝突することになった。
有効な政治同盟を求めてエリザベス1世やメアリー・ステュアートなどに求婚したが、結婚は実現しなかった。
内政においては、エリクの野心は、弟たち(後のヨハン3世、カール9世)を含むスウェーデン貴族に猛烈に反対された。