訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

カール・グスタフ・ヤコブ・ヤコビCarl Gustav Jacob Jacobi

数学者[ドイツ]
1851年 2月18日 死去享年48歳
カール・グスタフ・ヤコブ・ヤコビ - ウィキペディアより引用
カール・グスタフ・ヤコプ・ヤコビ(Carl Gustav Jacob Jacobi, 1804年12月10日 - 1851年2月18日)はドイツの数学者。
生涯 1804年、ユダヤ人の家系に出生。
ベルリン大学で学び、1825年に哲学博士の学位を得た。
学位論文は部分分数の理論についての解析的なものであった。
1827年にケーニヒスベルク大学で数学の員外教授となり、1829年には正教授に就任。
1842年までその座にあったが、1843年に過労で倒れ、療養のために数か月間イタリアで過ごした。
帰国後はベルリンに滞在し、国王から年金を受けて一生を過ごした。
功績 1829年、楕円関数に関する古典的論文を著した。
この業績は2階の運動エネルギー方程式を積分する際の必要性から、数理物理学にとって大変重要である。
回転系の運動方程式が可積分となるのは楕円関数として記述可能な三つの場合のみで、それは「振り子」「重力場内の対称こま」そして「自由回転体」である。

「カール・グスタフ・ヤコブ・ヤコビ」と関連する人物(故人)

ピエール・ド・フェルマー カール・フリードリヒ・ガウス ジョゼフ=ルイ・ラグランジュ

↑ PAGE TOP