訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

クロード・ルイ・ベルトレーClaude Louis Berthollet

化学者[フランス]

1822年 11月6日 死去享年75歳

クロード・ルイ・ベルトレー - ウィキペディアより引用
クロード・ルイ・ベルトレー(Claude Louis Berthollet、1748年12月9日 - 1822年11月6日)は、フランスの化学者である。

クロード・ルイ・ベルトレーは、1748年にフランスのアヌシー近郊にあるタロワールで生まれた。

ベルトレーはアントワーヌ・ラヴォアジエやその他の化学者と共に、化学物質の命名法や名前の体系を決めた。
それらは現代の化合物の名称の体系の基礎となっている。
さらにベルトレーは染料や漂白剤の研究を行い、そしてアンモニアの組成を決定した。
強力な酸化剤である塩素酸カリウム(KClO3)は、ベルトレーの塩として知られている。
不定比化合物は、彼をたたえて ”berthollides” と名づけられた。

1794年に理工科大学の教授になった。

1822年に彼はフランスのアルキュールで死亡した。

↑ PAGE TOP