訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

高田宏 氏(たかだひろし)

作家[日本]

2015年 11月24日 死去肺がん享年84歳

高田 宏(たかだ ひろし、1932年8月24日 - 2015年11月24日)は日本の編集者・作家、随筆家。
  来歴・人物 京都市出身で石川県加賀市育ち。
石川県立大聖寺高等学校、京都大学文学部仏文学科卒業。
光文社、アジア経済研究所で雑誌編集を経て、1964年から11年間エッソ石油(現・エクソンモービル)広報部でPR誌『エナジー』を編集。
大学時代の友人の小松左京や、梅棹忠夫などの京大人文研のメンバーに多く執筆を依頼し、PR誌を越えた雑誌として評価された。
1975年に退社し、文筆専業に専念となる。
代表作に『島焼け』などの歴史小説をはじめ、樹木・森・島・旅・雪などの自然、猫などをテーマに随筆・評論・紀行など著書百冊ある。
その他には日本ペンクラブ理事、石川県九谷焼美術館館長、深田久弥山の文化館館長をそれぞれ務め、また元将棋ペンクラブ会長である。
長男高田尚平は将棋棋士。
次男高田雄太はイラストレーター。
小諸・藤村文学賞、ゆきのまち幻想文学賞の審査員も務めていた。
2015年11月24日、肺がんのため死去。
83歳没。
受賞歴 1978年に『言葉の海へ』(言語学者・大槻文彦の評伝)で大佛次郎賞と亀井勝一郎賞。

「高田宏」と関連する人物(故人)