訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサックJoseph Louis Gay-Lussac

化学者物理学者[フランス]

1850年 5月9日 死去享年73歳

ジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサック - ウィキペディアより引用
ジョセフ・ルイ・ゲイ=リュサック(Joseph Louis Gay-Lussac、1778年12月6日 - 1850年5月9日)は、フランスの化学者 、物理学者である。
気体の体積と温度の関係を示すシャルルの法則の発見者の一人である。
アルコールと水の混合についても研究し、アルコール度数のことを「ゲイ=リュサック度数」と呼ぶ国も多い。
弟子に有機化学の確立に貢献したユストゥス・フォン・リービッヒがいる。
なお、フランス語でのJoseph Louis Gay-Lussacの発音を日本語に音写すれば、「ジョゼフ・ルイ・ゲ=リュサック」が原音に最も近いといえるだろう。
生涯 リモージュ近郊のサン=レオナール=ド=ノブラに生まれた。
家庭で教育を受けていたが、1794年に父がロベスピエールの恐怖政治の犠牲となって逮捕されたため、パリに行ってエコール・ポリテクニーク(国立理工科学校)に入学する準備を開始。
1797年に入学した。
3年後、国立土木学校 (Ecole des Ponts et Chausses) に移り、間もなく指導教官クロード・ルイ・ベルトレーにつく。

↑ PAGE TOP