訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

マルティン・ハインリヒ・クラプロートMartin Heinrich Klaproth

化学者[ドイツ]
(ウラン・ジルコニウム・セリウムを発見)
1817年 1月1日 死去享年75歳
マルティン・ハインリヒ・クラプロート - ウィキペディアより引用
マルティン・ハインリヒ・クラプロート(Martin Heinrich Klaproth 、1743年12月1日 – 1817年1月1日)はドイツの化学者である。
ヴェルニゲローデに生まれた。
16歳で薬局につとめ、その後クヴェトリンブルク、ハノーファーなどで薬局の助手を務め、1768年ベルリンにでた。
1770年有名な化学者ローゼの助手になったが、その直後にローゼが亡くなったので、ローゼの仕事をつぐことになった。
1810年にフンボルト大学(ベルリン大学)が創設されると初代の化学の教授になった。
分析化学と鉱物学に業績を残した。
ウラン、ジルコニウム、セリウムの発見者とされ、テルルとチタンの発見を確認し、これらの元素の命名者になっている。
1789年、ピッチブレンドから酸化ウランを精製し、新元素であると結論した。
息子 ユリウス・ハインリヒ・クラプロート(Julius Heinrich Klaproth) (1783年 - 1835年)…19世紀ヨーロッパを代表する東洋学者。

↑ PAGE TOP