訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

スミソン・テナントSmithson Tennant

化学者、イリジウムとオスミウムを発見[イギリス]

1815年 2月22日 死去享年55歳

スミソン・テナント(Smithson Tennant、1761年11月30日 - 1815年2月22日)は、イギリスの化学者である。
イリジウムとオスミウムの発見者である。
ヨークシャー州のセルビーに生れた。
1781年からエディンバラ大学で薬学を学んだがすぐにケンブリッジ大学に移り、植物学と化学を学んだ。
1790年に学位を得た。
チェダーの近くに農園をかって農学の実験を行った。
1804年プラチナ鉱石の残滓から、イリジウムとオスミウムを発見した。
化学の業績としては、ダイヤモンドが炭素であることも証明した。
1813年ケンブリッジ大学の化学の教授に任命されたが、1815年、フランスのブローニュ近郊で乗馬して橋を渡ったとき橋が落ちるという事故で落命した。

↑ PAGE TOP