芸能人・経営者のおくやみ情報

チャンドラセカール・ラマン 氏Chandrasekhara Venkata Raman

物理学者[インド]

1970年 11月21日 死去享年83歳

チャンドラセカール・ラマン - ウィキペディアより引用

サー・チャンドラシェーカル・ヴェンカタ・ラーマン(Sir Chandrasekhara Venkata Raman、(タミル語: சந்திரேசகர வெங்கட ராமன்、ヒンディー語: चंद्रशेखर वेंकट रामन)、1888年11月7日 - 1970年11月21日)はインドの物理学者。
1930年のノーベル物理学賞受賞者。
ラマン効果(ラマンスペクトル)の発見者である。
タミル・ナードゥ州のティルッチラーッパッリ生まれ。
アーンドラ・プラデーシュ州のヴィシャーカパトナムで育つ。
マドラス管区大学で学び、1917年にコルカタ大学の教授となる。
そこで、光学の研究を行った。
インド本国で研究したインド人研究者としては初めてのノーベル賞受賞者であり、インド人としても有色人種としても1913年にノーベル文学賞を受賞したタゴールに次ぐ受賞者となった。
1934年にインド理科大学院の学長となった。
1957年にはレーニン平和賞を受賞する。
1983年にノーベル物理学賞を受賞したスブラマニアン・チャンドラセカールの叔父にあたる。

ラマン効果の発見者として知られるインドの物理学者。(1888年11月7日〜1970年11月21日) 1930年、ノーベル物理学賞を受賞。 1957年、レーニン平和賞を受賞。 (引用元 Hatena Keyword)

「チャンドラセカール・ラマン」と関連する人物(故人)