芸能人・経営者のおくやみ情報

山本麟一 氏(やまもとりんいち)

俳優[日本]

1980年 10月16日 死去肝腎症候群がん性悪液質享年54歳

山本 麟一(やまもと りんいち、1927年1月16日 - 1980年10月16日)は、日本の俳優。
北海道旭川市出身。
愛称は山麟(ヤマリン)。
来歴・人物 明治大学時代はラグビー部に所属し、1946年12月8日に神宮競技場で行われた明早戦にロック(4番)のポジションで出場。
卒業後の1953年、第1期東映ニューフェイスとして東映へ入社。
翌年『学生五人男』に主演デビュー。
以後『警視庁物語シリーズ』(全24作)の刑事役、『網走番外地シリーズ』の囚人役・看守役など、主にアクション映画の脇役・悪役として活躍。
特に1960年代後半以降のヤクザ映画では悪役としての持ち味を発揮し、『日本侠客伝シリーズ』、『昭和残侠伝シリーズ』における強面のヤクザ役を演じた。
大学の後輩である高倉健からの信頼も厚く、共演作品は数多い。
『昭和残侠伝 死んで貰います』では、運命に転がされるヤクザの観音熊を演じた。
1970年にフリーとなり、テレビドラマでも刑事ドラマや時代劇に多数出演。
テレビ朝日『浮浪雲』、日本テレビ『大追跡』などでは、コミカルな演技も見せ、後期はスキンヘッド姿が多かった。

「山本麟一」と関連する人物(故人)