芸能人・経営者のおくやみ情報

三益愛子 氏(みますあいこ)

女優[日本]

1982年 1月18日 死去膵臓がん享年73歳

三益愛子 - ウィキペディアより引用

三益 愛子(みます あいこ、1910年(明治43年)11月2日 - 1982年(昭和57年)1月18日)は戦後、母物映画で一世を風靡した日本の女優。
本名:川口 愛子(かわぐち・あいこ)、旧姓:乾(いぬい)。
大阪府大阪市南区 (大阪市) 南区南炭屋町(現・中央区 (大阪市) 中央区)生まれ。
夫は直木賞作家の川口松太郎。
川口との間には三男一女があり、俳優の川口浩は長男にあたる。

1927年(昭和2年)に大阪府立阿倍野高等学校 大阪府立阿倍野高等女学校を中退し、大阪の劇団『新潮劇』に加入。
水町晴子の芸名で初舞台を踏んだ。

1929年(昭和4年)に上京。
1932年(昭和7年)には松竹専属となった榎本健一の劇団『ピエル・ブリアント』に入りエノケンの相手役として人気を得る。
翌年には、古川緑波もいた松竹傘下の喜劇集団『笑いの王国』に招かれ、芸名を三益愛子に変えて看板女優として大活躍した。
また、1934年(昭和9年)には太秦発声映画で映画初出演し、その翌年に東宝に入ることとなる。
戦前は舞台だけでなく、映画でもコメディエンヌとして大活躍した。

映画女優 本名:川口愛子 誕生日:1910年(明治43年)11月2日 出身地:大阪府 夫は作家の川口松太郎、息子は俳優の川口浩 1930年代半ばから80年代はじめまでの長きにわたり、東宝、大映、東映などの映画で活躍。主役多し。大映の「母もの?」映画で観客の涙を絞らせたことで知られる。 1959年(昭和34年)、第14回文化庁芸術祭芸術祭賞受賞。対象作品は東宝現代劇「がめつい奴?」。 1976年(昭和51年)、紫綬褒章受章。 1982年(昭和57年)1月18日、死去。71歳。 1995年度(平成7年度)「上方芸能文化顕彰?」受賞。 (引用元 Hatena Keyword)

「三益愛子」と関連する人物(故人)