芸能人・経営者のおくやみ情報

佐木隆三 氏(さきりゅうぞう)

直木賞作家[日本]

2015年 10月31日 死去下咽頭がん享年79歳

佐木 隆三(さき りゅうぞう、本名:小先 良三(こさき りょうぞう)、1937年4月15日 - 2015年10月31日)は、日本の小説家、ノンフィクション作家で、北九州市立文学館名誉館長、九州国際大学客員教授。
法廷のルポルタージュでも広く知られる。
旧朝鮮咸鏡北道穏城郡生まれ。
両親とも広島県出身で父は農家の出。
一旗あげようと田畑を売り払って朝鮮に渡り、佐木も朝鮮で生まれた。
1941年、銀山の所長をしていた父が呉の海軍に召集されたため、一家で日本に引揚げた。
父の郷里で広島市から北へ40km、中国山地の山あいの寒村である広島県高田郡小田村(現・安芸高田市甲田町)で育つ。
1945年、終戦間際の7月に父がフィリピンミンダナオ島ザンボアンガで戦死。
8月原爆のきのこ雲を見る。
終戦後は生活困窮のため、広島市へヤミ米を運んだりした。
1950年、母の親戚を頼り八幡市(現・北九州市八幡東区)へ移る。
1956年、福岡県立八幡中央高校卒業後、八幡製鐵(現・新日鐵住金)に就職。
同人誌などに小説を書き始め、「新日本文学」や「文學界」に発表。