芸能人・経営者のおくやみ情報

永井康友 氏

オートバイレーサー[日本]

1995年 9月12日 死去レース中の事故享年31歳

永井康友 - ウィキペディアより引用

永井 康友(ながい やすとも、1965年10月29日 - 1995年9月12日)は、埼玉県出身のオートバイ・ロードレースライダー。
日本人で初めてボルドール24時間耐久ロードレース優勝。
1989年、全日本ロードレース国際A級デビュー。
以後、ヤマハのワークスライダーとして活躍。
1995年、スーパーバイク世界選手権に日本人として初めてのフル参戦開始。
第10戦オランダ(アッセン)第2ヒートで、エンジンブローを起こしたファブリツィオ・ピロバーノのドゥカティ916のオイルが撒き散らされていた。
ピロバーノは自らのオイルに乗って転倒。
立ち上がると即座にコースマーシャルに対して、オイルフラッグを出せとアピールしたという。
しかし、永井はそのオイルに乗ってしまい転倒。
投げ出され滑走する永井の前を滑走するマシンが宙に舞い上がり、その間に、滑走し続ける永井の体がマシンに追いつき、そこへマシンが降り落ちてきた。
マシンに押しつぶされた永井は、意識不明のままアッセン市内の病院へ運ばれた。
事故の報を受けて日本から駆けつけた家族と婚約者が見守る中、9月12日(日本時間9月13日)息を引き取った。