芸能人・経営者のおくやみ情報

スザンヌ・ランラン

テニス選手[フランス]

1938年 7月4日 死去白血病享年40歳

スザンヌ・ランラン - ウィキペディアより引用

スザンヌ・ランラン(Suzanne Lenglen, 1899年5月24日 - 1938年7月4日)は、フランス・パリ出身の女子テニス選手。
第一次世界大戦後、1920年代前半の女子テニス界に君臨し、テニス競技を確立した往年の名選手のひとりである。
ランランはフランスが生んだ最大のスポーツ選手であり、今なおフランスで“テニスの女神”として敬愛されている。
フルネームは Suzanne Rachel Flore Lenglen (スザンヌ・ラシェル・フロール・ランラン)という。
姓の本国での発音は「ラングレン」に近い。
スザンヌ・ランランは幼少時にあまりにも病弱な子供だったことから、父親が娘の健康増進のためにテニスを勧めたという。
11歳の頃から父親のコーチを受けたランランは、15歳になる頃には一人前の技量を身につけていた。
15歳の時、ランランは1914年の全仏選手権混合ダブルスで、マックス・デキュジス(1882年 - 1978年)とペアを組んで初優勝を果たした。