芸能人・経営者のおくやみ情報

ヴィルヘルム・ヴェーバー

物理学者[ドイツ]

1891年 6月23日 死去享年88歳

ヴィルヘルム・ヴェーバー - ウィキペディアより引用
ヴィルヘルム・エドゥアルト・ヴェーバー(Wilhelm Eduard Weber、1804年10月24日 - 1891年6月23日)は、ドイツの物理学者。
電気や磁気の精密な測定器具を製作して電磁気学の形成に貢献したほか、ガウスとともに電磁気の単位系の統一に努力し磁束のSI単位「ウェーバ」に名を残している。
また、電気が荷電粒子の流れであるということを最初に主張したことでも知られる。
生理学者として有名なエルンスト・ヴェーバーは兄、エドゥアルト・ヴェーバーは弟。
生涯 ヴィルヘルム・ヴェーバーはヴィッテンベルク大学の神学教授ミヒャエル・ヴェーバーの次男として、1804年にヴィッテンベルクに生まれた。
1814年に一家はハレに転居し、彼は1822年からハレ大学でシュワイガーに師事した。
はじめは音響学を専攻し、1826年の博士論文や1827年の教師資格論文はリードオルガンの音響に関するものだった。
このころの研究として、音の干渉に関する兄エルンスト・ヴェーバーと共同の実験がある。
1828年、ヴェーバーはベルリンで開かれた学会の際にフンボルトの紹介でガウスの知遇を得た。

「ヴィルヘルム・ヴェーバー」と関連する人物(故人)