芸能人・経営者のおくやみ情報

ローレンス・ハーヴェイ 氏

映画監督俳優[リトアニア→イギリス]

1973年 11月25日 死去胃がん享年46歳

ローレンス・ハーヴェイ - ウィキペディアより引用
ローレンス・ハーヴェイ(Laurence Harvey、1928年10月1日-1973年11月25日)は、リトアニア出身の映画俳優、監督。
本名:Zvi Mosheh (Hirsh) Skikne。

リトアニアでユダヤ系の家庭に生まれ、5歳のときに南アフリカに移住しヨハネスブルグで育つ。
第二次世界大戦中は南アフリカ軍に従軍。
終戦後にロンドンに移り、王立演劇学校で演技を学んで舞台や映画に出演するようになる。

20代後半から活動の拠点をハリウッドに移し、1954年『ロミオとジュリエット』、同年『善人は若死にする』、『獅子王リチャード』などに出演して評判となり、重要な役をこなすようになる。
1958年の『年上の女』ではアカデミー主演男優賞にノミネートされた。
端正で古風な顔立ちをいかし、重厚で知的かつインテリな役どころが多く、スマートで冷徹なことから逆手にとってライバル役や敵対者役にキャスティングされる事もあったが、現代劇、ミステリー、スパイ物から歴史、時代物まで演技の幅は広いものであった。

「ローレンス・ハーヴェイ」と関連する人物(故人)