芸能人・経営者のおくやみ情報

堺駿二 氏

喜劇俳優、コメディアン[日本]

1968年 8月10日 死去脳溢血享年56歳

堺駿二 - ウィキペディアより引用

堺 駿二(さかい しゅんじ、1913年12月10日 - 1968年8月10日、本名栗原 正至)は、東京都出身のコメディアン、「喜劇の神様」と称された昭和の名喜劇俳優。
実兄に浪曲師の初代港家小柳丸、実子にマルチタレントの堺正章がいる。
来歴・生涯 幼少期・中学時代 桶製造業の家に生まれる。
中学を中退して新派の伊村義雄一座に入る。
子役ながらも殺陣をやらせたり、女形を演じさせても上手にこなすので、伊村から養子を懇望されたという。
1932年に帰国していた早川雪洲の一座に弟子入り、堺駿二の芸名を貰う。
(由来は、「雪洲と栗原の間に境をつけたい」と雪洲が思っていた事に由来。
「駿二」は、雪洲の洲(しゅ)に由来。
)一座が休演中は南田一郎という名で地方公演に出ていた。
若年期 1935年、雪洲が渡仏すると、浅草オペラ館に入り、シミキンの愛称で知られる清水金一とコンビを組む。
1940年に清水が東宝専属になると、俳優をやめて熱海のホテルにクローク係として就職し、のちに甲府市で文房具屋を経営していた。

俳優・喜劇俳優 誕生日:1913年(大正2年)12月10日 出身地:東京都 堺正章は次男 早川雪洲一座で舞台に立ち、後に浅草オペラ館で清水金一(シミキン)とコンビを組む。 1946年(昭和21年)から喜劇映画に出演。また東宝ミュージカルの舞台でも「雲の上団五郎一座?」などで活躍。 1940年代半ばから1960年代にかけて松竹、東映、東宝などの映画に数多く出演。名脇役。 1968年(昭和43年)、舞台出演中に倒れ、8月10日に54歳で急逝。 (引用元 Hatena Keyword)