訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

若山セツ子 氏

女優、旧芸名・若山セツコ[日本]

1985年 5月9日 死去自殺享年57歳

若山 セツ子(わかやま せつこ、1929年6月7日 - 1985年5月9日)は日本の女優。
東京府東京市中目黒出身。
本名は坂爪セツ子。
映画監督の谷口千吉は元夫。
初期の芸名は若山セツコ。
実践高等女学校卒業。
1946年、東宝ニューフェイス第1期生として東宝へ入社。
デビュー作は『四つの恋の物語』(1947年)。
1949年の『青い山脈』で丸メガネの女学生・和子、『次郎長三国志』シリーズの次郎長の女房・お蝶を演じた。
戦後第一期の東宝を代表する清純派スターで、その明るいキャラクターは今も多くの名作の映像に残されている。
1956年に谷口と離婚。
1961年に病気で引退するが、その後1971年に週刊誌に取り上げられたのがきっかけで復帰。
夜の番組や、『お祭り銀次捕物帳』にレギュラー出演したが、次第に奇行が見られはじめ、1973年に出演した『婦系図・前後篇』が最後の出演となった。
1984年に共に暮らしていた母(それ以前に姉も失っていた)を亡くしてから精神状態が悪化、強制入院させられてから1ヶ月後の1985年5月9日、東京・調布市の病院で首吊り自殺する。
題名
わが愛する歌人〈第1集〉斎藤茂吉・北原白秋・岡本かの子・半田良平・長塚節・若山牧水・前田夕暮 (1978年) (有斐閣新書)
著者
発売元
有斐閣
発売日
1978-08
新品価格
より
中古商品
¥ 299 より
題名
[オーディオブックCD] 日本の名短歌百二十首 CDオーディオ版
著者
<声を便りに>オーディオブック(wis)
発売元
<声を便りに>オーディオブック(wis)
発売日
2009-11-23
新品価格
より
中古商品
より

↑ PAGE TOP