芸能人・経営者のおくやみ情報

志賀重昂

地理学者評論家政治家[日本]

1927年 4月6日 死去享年65歳

志賀重昂 - ウィキペディアより引用

志賀重昂(しが しげたか、文久3年11月15日(1863年12月25日) - 昭和2年(1927年)4月6日)は、日本の地理学者、評論家、教育者、衆議院議員。
誕生日は9月15日(1863年10月27日)ともいう。
矧川(しんせん)・矧川漁長を号した。
生涯 岡崎藩の藩校の儒者・志賀重職の長男として、三河国岡崎康生町(現・岡崎市康生町)に生まれた。
明治元年(1868年)に重職が没した後は、母・淑子(しく)の実家、松下家で育った。
明治7年(1874年)より攻玉社で英学・数学・漢学を修めて同11年(1878年)に退学。
しばらく江木高遠に学んだのち、大学予備門に進み、約2年間学ぶ。
明治13年(1880年)、札幌農学校に転じた。
3学年上に内村鑑三らがいた。
後年、共に政教社の同人となる宮崎道正・菊池熊太郎・今外三郎を知った。
在学中、北海道の山野および青森県各地を歩き回った。
政治への関心を深めた。
明治17年(1884年)、札幌農学校を卒業し、県立長野中学では植物科を担当し、長野県中学校教諭も務め、また長野県師範学校講師として地理科を教えた。

地理学者(1863-1927) 愛知県生まれ。 札幌農学校出身。三宅雪嶺らと雑誌「日本人」を創刊、国粋主義の論陣を張る。 また、古典文学からの豊富な引用と,地理学の術語を駆使し,「気候、海流の多変多様」「水蒸気の多量」「火山岩の多々」「流水の浸蝕激烈」である日本の風土が、いかに欧米に比べて優れているかを情熱的な文章で綴った『日本風景論』が、日清戦争の勝利と三国干渉という時期に刊行されてベストセラーとなる。以降の日本人の風景観に大きな影響を与えた。 (引用元 Hatena Keyword)