訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

カール・レオンハルト・ラインホルト

[オーストリア]

1823年 4月10日 死去享年67歳

カール・レオンハルト・ラインホルト(Karl Leonhard Reinhold, 1757年10月26日 - 1823年4月10日)は、オーストリアで生まれドイツで活躍した哲学者である。
当時、あまり受け入れられていなかったイマヌエル・カントの哲学の体系化を意識を根源とした表象能力によって行い、これによってカント哲学の独自性をドイツの思想界に一気に普及させたこと、またこの体系化という仕事が、カント哲学からヨハン・ゴットリープ・フィヒテ、ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲルに至るドイツ観念論への道筋を与えたということなどの影響が見られる。
思想史の流れからしても重要な橋渡しをした思想家といえる。
生涯 ラインホルトは、1757年(1758年生まれ説も多い)にウィーンで生まれた。
イエズス会などのカトリック系の学校に通い、当初はカトリックの司祭・哲学教師などを務めていた。
1783年にライプツィヒに移りプロテスタントに改宗、フリーメイソンの会員になる。
この頃の彼は、旺盛していた啓蒙思想の影響や無神論・デイヴィッド・ヒュームの懐疑論などの影響を受け、伝統的なカトリックからの脱却などを図っていた。

↑ PAGE TOP