訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

イヴァン・ブーニン 氏

作家[ロシア→フランス]

1953年 11月8日 死去享年84歳

イヴァン・ブーニン - ウィキペディアより引用
イヴァン・アレクセーエヴィチ・ブーニン(ロシア語:Иван Алексеевич Бунин、1870年10月22日(ユリウス暦10月10日) - 1953年11月8日)は、ロシア帝国出身の作家である。
ロシア革命後、フランスへ亡命。
ロシア人小説家としては初のノーベル文学賞を受賞している。
ヴォロネジの地主の家に生まれる。
父親の放蕩のため家は没落。
17歳で詩人としてデビューののち、新聞記者、図書館司書などの職に就きながら短編小説を発表、アントン・チェーホフ、レフ・トルストイ、マクシム・ゴーリキーなどの知遇を得る。
翻訳家としても評価され、ロングフェローの詩の訳により1903年プーシキン賞を受賞、1909年にアカデミー会員となる。
また長編小説でも名声は高まり、1912年から1914年までカプリ島にゴーリキーを訪ねて滞在した。
革命によりオデッサに二年滞在したのち、フランスへ亡命し、ロシア語で作品を書き続け、1933年ノーベル賞を受賞。
第二次世界大戦中はナチスに抵抗し、ユダヤ人を自宅に匿ったという。
トルストイを尊敬し、フョードル・ドストエフスキーを評価しなかった。

↑ PAGE TOP