訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

サミュエル・テイラー・コールリッジ

詩人、批評家[イギリス]

1834年 7月25日 死去享年63歳

サミュエル・テイラー・コールリッジ - ウィキペディアより引用
サミュエル・テイラー・コールリッジ(Samuel Taylor Coleridge, 1772年10月21日 - 1834年7月25日)は、イギリスのロマン派詩人であり、批評家、哲学者でもある。
ウィリアム・ワーズワースとの共著『抒情民謡集』を刊行し、ロマン主義運動の先駆けとなる。
生涯 生い立ち イングランド南西部デヴォンシャー州オタリー・セント・メアリーに、教区牧師の父の13人兄弟の末子として生まれた。
6才の時から父が校長を務めるグラマースクールに通い、神童と呼ばれる。
9才の時に父が死去し、ロンドンのクライスツ・ホスピタルに入学、チャールズ・ラムと知り合い生涯の友となる。
また在校時に新プラトン派などの哲学書に親んだ。
1791年に奨学金を受けてケンブリッジ大学ジーザス・カレッジに入学、ジョゼフ・プリーストリーなどの著作からユニテリアニズムに近づいた。
借金と失恋のために、ロンドンに出て竜騎兵連隊に志願して入隊するが、ラテン語の落書きが元で除隊して4ヶ月後には大学に戻った。