芸能人・経営者のおくやみ情報

ナンシー関 氏

コラムニスト、消しゴム版画家[日本]

2002年 6月12日 死去虚血性心不全享年39歳

ナンシー関(ナンシーせき、本名:関 直美(せき なおみ)、女性、1962年7月7日 - 2002年6月12日)は、青森県青森市生まれの版画家、コラムニストである。
法政大学文学部第二部(夜間部)中退。
独特の観察眼による「テレビ批評」とその挿絵に入れた著名人の似顔絵「消しゴム版画」で社会そのものを批評していた。
その文章は古びることがなく、今も新たな読者を獲得している。
世界初の消しゴム版画家である。
1962年、青森県青森市に三人きょうだいの長女として生まれる。
2歳下の妹と7歳下の弟がいる。
父親は同郷のプロボクサーのレパード玉熊の後援会会長を務めていた。
言葉が出るのも字が読めるのも早く、2-3歳のころには一人で絵本を読んでいた。
1969年青森市立堤小学校に入学。
同級生によれば性格は他の子より大人びて冷静だったという。
手先も器用でパラパラマンガを描いたり、クラスメイトの消しゴムに文字を彫るいたずらもした。
小学校に入学してから急に太り始めたため、心配した両親は病院を受診させるが、結果は「異常なし」だった。

消しゴム版画家。本名・関直美。 1962年7月7日、青森県青森市生まれ。 高校卒業後、1年の浪人を経て1982年に法政大学第二文学部入学。 1983年、自主的に作った「丁稚シリーズ」のはんこがコラムニスト・えのきどいちろうの手に渡ったことがきっかけとなり、編集プロダクション「シュワッチ」に参加。 1984年、「ホットドッグプレス」誌で連載「ナンシーの漢字一発!」が開始。この時、当時編集部員であったいとうせいこうに「ナンシー」というペンネームをつけられる。以降、消しゴム版画家としての活動と同時に、テレビ・ウォッチングを軸としたエッセイ/批評もスタートさせる。 主な連載に「チャンネルオフ」「迷宮の花園」「顔面至上主義」(噂の眞相・1990年5月開始)「小耳にはさもう」(週刊朝日・1993年1月開始)「テレビ消灯時間」(週刊文春・1993年10月開始)「CM特選街」(広告批評・1994年3月開始)など。 2002年6月12日、虚血性心不全のために死去。享年39歳。日本が生んだ最後の批評家。 (引用元 Hatena Keyword)