芸能人・経営者のおくやみ情報

ジャン・コクトー 氏

詩人、劇作家画家映画監督[フランス]

1963年 10月11日 死去享年75歳

ジャン・コクトー - ウィキペディアより引用

ジャン・コクトー (Jean Cocteau、1889年7月5日 - 1963年10月11日) は、フランスの芸術家。
詩人、小説家、劇作家、評論家として著名であるだけでなく、画家、映画監督、脚本家としての活動も行った。
自身は中でも詩人と呼ばれることを望んだという。
ダダやシュルレアリスムと相互影響はあったと考えられるが、自身は直接は運動に参加せず、むしろ対立も多かった。
生涯 フランスのパリ近郊の小さな町であるメゾン=ラフィットでクレマン・ウジェーヌ・ジャン・モリス・コクトー(Clément Eugène Jean Maurice Cocteau)として生まれる。
当時12歳の姉マルト、当時8歳の兄ポールに次いで生まれた末っ子である。
父ジョルジュは絵を描く趣味があった。
1898年、父ジョルジュがピストル自殺。
中学校時代には図工の成績はよかった。
同級生のピエール・ダルジュロスは小説『恐るべき子供たち』のダルジュロスのモデルとも言われる。
高校生時代には、学業には力を入れず、マルセル・プルーストらと出会うなど文学に没頭するが、大学受験に失敗し、進学を断念する。

Jean Cocteau(1889〜1963) パリ郊外メゾン・ラフィット生まれ。 詩、絵画、小説、批評、シナリオ、バレエ、映画とあらゆる芸術分野で活躍したマルチ・タレント。 前衛の先端を行く多くの芸術家と親交を結んだ。 1917年 劇「パラード」(エリック・サティ音楽、ピカソ舞台装置)初演 1919年 詩集「喜望峰」出版 1926年 劇「オルフェ」初演 1929年 小説「怖るべき子供たち」 1938年 劇「恐るべき親たち」上演 1940年 小説「ポトマックの終り」出版 1942年 映画「永劫回帰」 1946年 映画「美女と野獣」 1947年 批評「存在の困難」映画「双頭の鷲」 1949年 映画「オルフェ」 (引用元 Hatena Keyword)