芸能人・経営者のおくやみ情報

青木湯之助 氏

実業家俳優、タップダンサー[日本]

(芸名・郷宏之)

1979年 12月27日 死去享年74歳

青木 湯之助(あおき ゆのすけ、明治39年(1906年) - 昭和54年(1979年)12月27日)は、日本の実業家、俳優、タップダンサー。
芸名は、郷宏之(ごう ひろゆき)。
和歌山県出身。
レストランチェーン紅花(BENIHANA)創業者。
現在の日本の紅花は四男の青木四郎が取締役である。
青木廣彰(ロッキー青木)は長男。
1906年(明治39年)、江戸時代は紀州徳川直参の旗本だった士族の青木家に生まれる。
15歳のときに家出し、貨物船に密航を企てるが発見されて放り出され、大阪を放浪。
旅芸人一座に拾われる。
タップダンサー稲葉実に師事し、大正末期から昭和初期にかけて俳優、タップダンサーとして活躍する。
タップダンスの生徒だった、かつと結婚する。
1937年(昭和12年)日本橋にジャズ喫茶エリントンを開業する。
終戦後、焼け野原となった東京に汁粉屋「紅花」を新築開業したことが当たり、以降、本格的にコーヒーショップやレストランなど多角経営に乗り出し、洋食屋チェーン「紅花」を展開することとなる。

「青木湯之助」と関連する人物(故人)