訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

平木隆三 氏

元男子サッカー選手、監督[日本]

2009年 1月2日 死去肺炎享年79歳

平木 隆三(ひらき りゅうぞう、1931年10月7日 - 2009年1月2日)は、大阪府堺市出身の元サッカー選手(DF)・コーチ・監督。
1993年Jリーグ開幕当時の名古屋グランパスエイト監督。
現役時代 大阪府立岸和田高等学校入学時から本格的にサッカーを始め、1951年には全国高等学校サッカー選手権大会に大阪府代表として出場。
ポジションはインサイドFWであり、ベスト4に進出する。
高校卒業後は関西学院大学へ進学し、早稲田大学との定期戦でレギュラーDFとなる。
秋の関西学生サッカーリーグ、12月の東西学生王座決定戦では優勝を飾る。
1953年には西ドイツ・ドルトムントで開かれたユニバーシアードに出場し、1954年に日本代表デビュー。
天皇杯でも2度優勝している。
大学卒業後は湯浅電池(1957年)を経て、1958年に古河電気工業へ入社。
1960年には天皇杯で企業チーム初の優勝を果たし、同年夏の日本代表欧州ツアーではデットマール・クラマーから初めて指導を受ける。