芸能人・経営者のおくやみ情報

ピストン堀口 氏

プロボクシング選手[日本]

1950年 10月24日 死去享年37歳

ピストン堀口 - ウィキペディアより引用

ピストン堀口(ピストンほりぐち、1914年(大正3年)10月7日 - 1950年(昭和25年)10月24日)は、日本のプロボクサー。
本名:堀口 恒男(ほりぐち つねお)。
栃木県真岡市出身。
昭和初期における日本ボクシング界の象徴的存在で「拳聖」と呼ばれた。
元日本フェザー級・東洋フェザー級および日本ミドル級チャンピオン。
次兄から順に、基治、宏(元日本バンタム級チャンピオンの堀口宏)、喬久という堀口4兄弟(いずれもプロボクサー)の長兄。
孫は元ボクサーの堀口昌彰で、日本ライト級2位に格付けされていた。
現在はピストン堀口道場の指導者を務める。
「ピストン堀口」の呼称は正式なリングネームではなく、あくまで本名の堀口恒男が正式なリングネームなのだが、いつの頃からか「ピストン・堀口恒男」との異名が新聞記事などで使われるようになり、一般に「ピストン堀口」の呼称が定着してしまった。

戦前、戦後にかけて活躍した日本ボクシング界の草分け的存在。1914年10月7日生。 日本・東洋フェザー級、日本ミドル級チャンピオン。 通算成績−176戦138勝(82KO)24敗14分。 最多連勝(40連勝)を筆頭に、最多試合、最多勝利、最多KO、などの日本記録を保持する。 また弟の堀口宏も日本バンタム級王座を獲得し、兄弟日本王者として活躍した*1 「打たせて打つ」を身上とし、敵の攻撃をものともせずにロープ際に追い込み猛ラッシュをかけるスタイルがリングネーム「ピストン」の由来となった。 合気道や空手にも興味を持ち、大山倍達とも交流があったといわれる。 戦後に鉄道事故で死亡。 パンチドランカーの症状が、事故の原因だったという説もある。 (引用元 Hatena Keyword)

「ピストン堀口」と関連する人物(故人)