訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

カール13世

スウェーデン国王[スウェーデン]

1818年 2月5日 死去享年71歳

カール13世 - ウィキペディアより引用
『カール13世ヨハン (スウェーデン王)』より : カール13世(Karl XIII, 1748年10月7日 - 1818年2月5日)は、ホルシュタイン=ゴットルプ朝最後のスウェーデン王(在位:1809年 - 1818年)。
ノルウェー王としてはカール2世(在位:1814年 - 1818年)。
アドルフ・フレドリクの子でグスタフ3世の弟。
母は、プロイセン王女ロヴィーサ・ウルリカ。
生涯 カールは、兄グスタフ3世の1772年クーデターに協力したことで、兄よりセーデルマンランド公爵の儀礼称号を与えられた。
また、1788年に始まったロシア・スウェーデン戦争にはスウェーデン海軍の提督として指揮を執った。
兄グスタフ3世が1792年に暗殺されると摂政団の一員となっている。
カール公爵の甥であるグスタフ4世アドルフは、ナポレオン戦争とロシア・スウェーデン戦争(1808年 - 1809年)での敗北を受け、立憲革命で廃位にされた。
貴族によるクーデターだった。
グスタフ4世はナポレオンに対し一歩も引かず、議会も無視し、強引に政策を押し通しスウェーデン国民の反感を買ってしまったのである。