芸能人・経営者のおくやみ情報

坂田道太 氏

元衆議院議長[日本]

2004年 1月13日 死去心不全享年87歳

坂田 道太(さかた みちた、1916年7月18日 - 2004年1月13日)は、日本の政治家。
衆議院議長(第64代)、法務大臣(第40代)、防衛庁長官(第33代)、文部大臣(第91・92代)、厚生大臣(37代)、衆議院議員(17期)等を歴任した。
父は衆議院議員や八代市長を務めた坂田道男。
熊本県八代市生まれ。
旧制八代中学校、旧制成城高等学校(現成城大学)、東京帝国大学文学部卒業。
石井光次郎商工大臣の秘書官を経て、1946年の第22回衆議院議員総選挙に熊本県全県区から出馬し、初当選した(当選同期に小坂善太郎・二階堂進・江崎真澄・小沢佐重喜・水田三喜男・村上勇・川崎秀二・井出一太郎・早川崇・中野四郎らがいる)。
以後、17期連続当選。
日本自由党、民主自由党、自由党を経て、自由民主党に入党。
自民党ではかつて仕えた石井が所属する、緒方竹虎率いる水曜会に入会。
石井は緒方の死後、水曜会を継承するが、石井の引退により水曜会は解散。
以後、坂田自身は政界引退まで無派閥を通した。
1947年の第23回衆議院議員総選挙以降は、旧熊本2区から出馬。

さかた-みちた 1916-2004昭和時代後期の政治家。大正5年7月18日生まれ。坂田道男の長男。昭和21年衆議院議員となり,以後連続当選17回(自民党)。34年厚相。43年から第2次・第3次佐藤内閣の文相として「大学運営臨時措置法」を成立させ,大学紛争を収拾した。防衛庁長官,法相をつとめ,60年衆議院議長。平成2年引退。3年成城学園理事長。平成16年1月13日死去。87歳。熊本県出身。東京帝大卒。 (引用元 コトバンク)