芸能人・経営者のおくやみ情報

平山清次

文学者[日本]

1943年 4月8日 死去享年70歳

平山 清次(ひらやま きよつぐ、1874年10月13日 - 1943年4月8日)は、日本の天文学者。
宮城県仙台市出身。
寺尾寿の弟子で、天体力学及び古暦の研究で有名。
小惑星の「族」を発見した功績により月の裏側のクレーターに「ヒラヤマ」と名づけられた。
ヒラヤマは清次と同姓の天文学者・平山信(太陽の理論的な研究、小惑星の観測や発見及び軌道決定、日食観測、天体物理学・恒星天文学及び測地学に多大な業績を残した)の2人の名前に由来しているが、清次と信の間には血縁・姻戚関係はない。
平山清次の門下生には萩原雄祐、鏑木政岐、広瀬秀雄らがいる。
年譜 1896年:東京帝国大学理科大学星学科卒業。
1906年:東京帝国大学理科大学助教授に就任。
1911年:理学博士号を取得。
1915年:米国のイェール大学に留学。
1919年:東京帝国大学理学部教授に就任。
1921年:東京天文台技師に就任。
1935年:定年退官。
栄典 1918年(大正7年)2月12日 - 従五位 業績 小惑星の運動とその起源に関する研究を大成した。

「平山清次」と関連する人物(故人)