芸能人・経営者のおくやみ情報

三船敏郎 氏(みふねとしろう)

俳優映画監督、映画プロデューサー[日本]

1997年 12月24日 死去享年78歳

三船敏郎 - 俳優、映画監督、映画プロデューサー

三船 敏郎(みふね としろう、Toshiro Mifune、1920年4月1日 - 1997年12月24日)は、日本の俳優・映画監督・映画プロデューサー。
本名は同じ。
黒澤明とともに、敗戦で打ちひしがれていた日本が世界から尊敬されるきっかけを作った人物の一人とも言われる。
ヴェネツィア国際映画祭 男優賞を2度受賞し、日本では世界のミフネと呼ばれた。
英語圏では、The WolfやThe Shogunなどと呼ばれた。
墨映画『価値ある男』、米映画『グラン・プリ』、『太平洋の地獄』、米ドラマ『将軍 SHOGUN』、仏映画『レッド・サン』などの出演もあり、日本が誇る国際スターのみならず、「国際的映画人」として世界中の映画関係者に影響を与え、尊敬された(⇒#世界のミフネ・#映画人の評価参照)世界的名優であり、アクションスターである。

みふねとしろう [生]1920.4.1.山東,青島[没]1997.12.24.東京,三鷹映画俳優,制作者,監督。大連中学卒業。1946年東宝に入社,翌年『銀嶺の果て』でデビュー。以後大胆な演技で人気をあげ『新馬鹿時代』(1947),『酔いどれ天使』(48)などに出演。51年ベネチア国際映画祭サン・マルコ金獅子賞受賞作品『羅生門』(50)に主演して世界的に有名となる。62年には三船プロダクションを創立,石原プロとの共作『黒部の太陽』(68),『風林火山』(69)などの大作を発表して成功し,スタープロブームの一翼をになった。71年にはフランス映画『レッド・サン』に出演。また,テレビ映画にも活躍。他の主要作品『生きものの記録』(55),『無法松の一生』(58),『天国と地獄』(63),『赤ひげ』(65),『上意討ち』(67)。 (引用元 コトバンク)