訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

ラザフォード・ヘイズ

アメリカ合衆国第19代大統領[アメリカ]

1893年 1月17日 死去享年72歳

ラザフォード・ヘイズ - ウィキペディアより引用
ラザフォード・バーチャード・ヘイズ(英: Rutherford Birchard Hayes, 1822年10月4日 - 1893年1月17日)は、第19代アメリカ合衆国大統領。
ホワイトハウスで就任の宣誓をした初の大統領。
大統領として彼はレコンストラクションの終盤と、アメリカ合衆国の第二次産業革命初期に国を率いた。
ヘイズは南北戦争で分断された南北の和解を試み、後には官庁改革に取り組んだが、いずれも成果を上げるには至らなかった。
ヘイズはオハイオ州デラウェアで生まれ、ロウワー・サンダスキー(現在のフリーモント)で弁護士を開業し、1858年から1861年までシンシナティの法務官を務めた。
南北戦争が始まると、好調な政治活動を離れて北軍に加わる。
彼は5度も負傷し、サウス山の戦いにおいて最も重い傷を負った。
戦闘における勇気と功績で名声を得、少将まで昇進した。
戦後は共和党員として1865年から1867年まで下院議員を務めた。
議員退職後オハイオ州知事選に出馬し、二期を務める。
二期目の終了後弁護士業を再開したが、1875年に知事の三期目を務めた。