芸能人・経営者のおくやみ情報

クラーク・ゲーブル 氏

俳優[アメリカ]

1960年 11月16日 死去心臓発作享年60歳

クラーク・ゲーブル - ウィキペディアより引用

クラーク・ゲーブル(Clark Gable, 1901年2月1日 - 1960年11月16日)は、アメリカ合衆国の映画俳優。
第二次世界大戦前後の時代を代表するビッグスター。
なおゲーブルは十代の一時期、父親の名前を自分の名前に冠して「ウィリアム・クラーク・ゲーブル」としていた頃があったが、これはすぐに止めている。
生い立ち ゲーブルはオハイオ州カディズで生まれた。
両親は共にドイツ系移民の子孫であった。
父親ウィリアムは石油の採掘業者、母アデレインは探鉱者だったがゲーブルが10ヵ月の時に死亡した。
彼は16歳で高校を辞め工員として働いた。
俳優へ 劇場で見た演劇に感動し俳優になる決心をし、オレゴン州ポートランドで地元の劇団に加わり、店員として働く傍ら巡業公演を行った。
1924年にゲーブルは劇場支配人のジョセフィーン・ディロンから金銭的支援を受けてカリフォルニア州ロサンゼルスのハリウッドへ行った。
ジョセフィーンはゲーブルよりも14歳年上で、彼らはハリウッドで結婚した。

の言及 【ゲーブル】より …アメリカの映画俳優。オレゴン州生れ(オハイオ州生れという説もある)。《風と共に去りぬ》(1939)のレット・バトラー役で有名なスターであり,この作品を頂点に1930年代から40年代前半にかけてそのキャリアの全盛期を築き,とくにその男性的魅力で〈ハリウッドのキング〉の異名をとった。下積み生活が長く,映画出演第1作《惨劇の砂漠》(1931)が30歳のときである。MGMに25年間所属し,最初はギャング映画の悪役専門だったが,1934年,コロムビアに借り出されて出演したフランク・キャプラ監督《或る夜の出来事》で明るい喜劇的な役柄をこなし,アカデミー主演男優賞を獲得し,都会的センスと野性味を兼ねそなえた規模の大きなスターの座を築いた。… ※「クラーク・ゲーブル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。 (引用元 コトバンク)