訃報新聞 - 有名人・経営者のおくやみ情報

佐藤慶 氏

俳優ナレーター[日本]

2010年 5月2日 死去肺炎享年83歳

佐藤 慶(さとう けい、1928年12月21日 - 2010年5月2日)は、日本の俳優、ナレーター。
福島県会津若松市生まれ。
本名は佐藤 慶之助。
来歴・人物 佐藤家は先祖代々会津藩士で、戊辰戦争に敗れて漆器材料の卸商を営んでいた。
また、2.26事件に参加し刑死した渋川善助の妻絹子は叔母。
福島県立会津工業学校染織科卒業後、会津若松市役所戸籍係に勤務するかたわら、地元で結成した新劇愛好会で演劇に打ち込むが、会の発表会の日に無断欠勤をして役所を免職されたという「根っからの新劇人」ぶりが高じ上京。
1952年(昭和27年)に俳優座養成所に第4期生として入団した。
同期には宇津井健・佐藤允・仲代達矢・中谷一郎らがいる。
なお、このうち佐藤允、仲代、中谷の3人は、後年岡本喜八監督作品の常連として喜八一家と呼ばれるようになるが、佐藤慶も二本の岡本作品に出演している。
1955年以降、大島渚監督の一連の作品をはじめ、映画、舞台、テレビドラマで存在感のある悪役などを演じる。
その無機質な風貌を生かし、屈折した性格の悪役を得意とし、社会派作品から時代劇・ヤクザ映画まで、様々な作品で総合的性格俳優として活躍する。